中小企業診断士

転職の際、一般的には、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士という資格があります。

中小企業診断士資格を取得すると、経営に関する知識を証明することができるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると思ってもらうことができます。

法律をよく知る行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。

労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性重視の仕事を希望しています」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境でさらに自らを成長させたい」と変えるとよい印象を与えます。

ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブに受け取られます。

履歴書に書くときには、150文字~200文字といったところが理想です。
労働の時間が長いということで辞めたのなら「生産性を重視する仕事をしたい」、仕事にやりがいというものを感じず退職した場合は「新たな環境でいっそう成長したい」と置き換えたら印象がよくなります。ネガティブな転職の訳も表現次第でポジティブなものとなります。

履歴書に書き入れる場合は、150文字から200文字くらいがよいかと思われます。
どういった転職理由がベストかというと、まず、転職理由について考えている本音をよく考察して思いおこしてください。

考えたことをそのまま伝える必要はないので、考えたことをそのまま、ノートに書き出しましょう。

そして、それを前向きなイメージになるように文章をリライトしてください。転職の理由が長々と続くと言い訳と取られてしまうので、長さには注意しましょう。長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」とすればイメージは悪くありません。マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、ポジティブに感じるようにすることもできます。採用される履歴書の書き方は、文字数が150から200文字が理想ということです。

Uncategorized