異業種への転職

転職する動機は経歴書での選考や面接での場でとても重視されます。相手をうならせるたしかな理由がなければ印象が悪くなります。しかし、転職のわけを説明しようとしても簡潔明瞭に説明できない人も決して少数派ではないはずです。

ほぼみんなが履歴書の記入時や面接時にどうして職を変わったのか理由を伝えるのに困難を感じます。
異なる業種に転職するのは困難であると考えている人が多いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結果から言いますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。
経験者と未経験者の2名がいた場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。
ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力の仕方によっては違う業種の会社に就職できることもあります。
転職の際に必要とされる資格というのは、専門職を除くとそれほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという意味では、なんといっても、国家資格が一番のようです。
特に、建築・土木系の中にはたとえば建築士などがそうですが、「業務独占資格」と言われるその資格がないと実際に業務ができないという仕事も少なくないので、狙ってみるのもいいかもしれません。志望動機は採用の選考過程においてとても重要です。
説得力のある志望動機でなければ好印象とはなりません。

しかし、なぜ転職したいのかと聞かれても戸惑って答えられない方も多くいると思います。

みなさん、履歴書での書き方や面接での答え方にこの転職の動機に四苦八苦します。
異なる業種に転職するのは難しい印象が強いですが、実際のところ、難しいのでしょうか?先に結論からいうと異業種に転職するのは簡単ではありません。
経験者と未経験者がいた場合、担当者は、経験者を採用する可能性が高いです。

ただ、採用される可能性が皆無だというわけではないので、本人の努力次第では転職が成功することもあるでしょう。

Uncategorized