社会保険労務士や公認会計士は転職に有利な資格?!

職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にもおすすめしたい資格です。社会保険労務士の資格があると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格があると財務、経理関係の仕事に就きやすくなります。
転職する時に求められる資格というものは、専門職の他ではそんなに多くないようですが、持っている資格が有利に働く点では、結局、国家資格が強いようです。ことに、土木・建築関係では建築士のような「業務独占資格」と呼ばれているこういった資格を持たないと実際には業務につくことができないというような仕事が多いものなので、絶好の狙いどころかもしれません。

良い転職理由とは、第一に、本当に転職しようと決めた理由を言葉にしてみてくださいそのままの表現で伝える訳ではないので、素直に文字にしてみましょう。

そして、それを悪い印象にならないように表現を書き直してください。長い転職理由は自己弁護のように聞こえるので、あまり長くならないようにしましょう。

転職の際に必要とされる資格というのは、専門職以外は少ないようですが、取得資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格が一番のようです。
特に、建築・土木系の中には「業務独占資格」と言われる建築士のようなその資格がないと実際に業務ができないという職業が多いので、狙ってみてはいかがでしょうか。

労働時間が長いという理由で退職した場合は「生産性を重視する仕事をしたい」、仕事にやりがいがなくて退職した場合は「新しい環境でさらなる成長をしたい」と表現を変えると印象がよいです。

ネガティブな転職の訳も表現次第でポジティブな理由になります。履歴書に書くときは、150文字から200文字ほどがちょうどよいです。

Uncategorized